2013年10月14日

スナブノーズ・リボルバー・スクール後編




スナブノーズ・セミナー体験レポート後編。マイケル・デ・ベサンコートのテクニックが光る。


教程
 マイケルは二つのスナブノーズ特化教程を指導する。“コンシールド・キャリー・スナブノーズの秘密”と“コンシールド・キャリー・スナブノーズのマスター”だ。“秘密”コースは基本クラスで、スナブノーズの取り扱いと戦闘要素のすべてを含んでいる。クラスは要点から始まり、コンシールド・キャリー・スナブノーズの選び方や良いホルスターの見つけ方、良いストックの見つけ方のアドバイス、などを含んでいる。マイケルはこれらのすべてについて確固たる意見を持っており、これらをあなたと楽しく分け合うだろう。
 そして彼はスタンスや、グリップや、トリガー・コントロールといった、射撃要素の探究に入る。クラスのこの部分は実際、初心者段階向けにデザインされたものではない。いくつかの基本的要素が集められ、マイケルはこれらのスキルをスナブノーズ射撃の特別な技へと形づけてゆく。実包射撃のためレンジに赴く前に、ダミーガンとダミーカートを用いたいくつかの練習がそこにはある。
“マスター”教程はそれまでに学んだテクニックの上に築かれるより進歩したコースだ。“秘密”コースは“マスター”コースの準備段階であり、トレーニングは論理的進化をとげる。このクラスではしばしば背中合わせに語られ、ある意図をもって二日間のトレーニングを用意している。“マスター”コースは弱い方の手と負傷時のための訓練、伏せ撃ち、リボルバー二丁使い、暗い中での射撃、その他沢山、といったより進歩的なテクニックを含んでいる。これら二つの教程にはこれ以上思いつかない程のスナブノーズ特化トピックが詰め込まれている。

テクニック
 マイケルが指導するスナブノーズ・スキルは実際のディテイルにおいてあまりにも多くの議論を含んでいる。スナブノーズ・リボルバーの射撃は多くの点で明確に異なったスキルを要求される。スタンス、グリップ、トリガープレスも。しかしおそらく最も挑戦的な観点はリロードだろう。マイケルは最も重要な事はスナブノーズを常に装弾した状態に維持し走り続ける事だ、という意見を崩そうとしない。フル・リロードだろうがパーシャル・リロードだろうが、銃の中に弾を維持して射撃に備えていなくてはならない。それは時として一発もしくは二発装弾して撃ち、またリロードする、といった状況をも含んでいる。
 マイケルの空砲および実包訓練はスピード・ストリップを用いて5発装弾するのは4発装弾するよりはるかに時間がかかる事を悟らせるようデザインされたものだ。一つの穴は残されてしまうが。そして銃がエンプティであればスピード・ストリップを使う事によって一度に2発装填できる事を教えてくれる。クイックレッスンはこうだ。5発全部装填する事にこだわる必要はない。2発か4発(もしくはあなたが素早く装填できる弾数)装填して戦闘に戻れ!
 マイケルの最も論争を呼ぶ話題の一つはその装填方法であろう。長年FBI方式と呼ばれてきた伝統的なやり方がある。リボルバーを弱い方の手にスイッチして利き手でシリンダーに弾を込める。第一の理由はシリンダーへの装填は利き手で行うのが有利な、細かい動きを含んでいるからだ。
 マイケルはこの方法の知恵にも挑戦する。いついかなる場合でもリボルバーは利き手で持つ方がよい、と提案する。彼はこの方法の方がより速く、効果的で安全だと信じている。はじめは不自然に見えたが、一日目の終わりには信じはじめていた。二日目の終わりには強烈な信者になっていた。
 もしあなたが筋肉の動きを再訓練して古い癖を取り除く事に時間を割けるならば、ベサンコート・ローディング・メソッドは強烈だ。銃は撃ち手を離れる事がないし、あなたはファイアリング・グリップを離す事はない。銃はクローズアップする事ができるし必要があれば装填の最中でも即時発射する事ができる。銃と一緒にもがき苦しみたければ利き手で強く銃を握りしめることだ。ただ一つの現実の退却は弱い手でカートリッジを装填することだ。しかしこれが実際の勝利につながる。リボルバーのリロードはあなたが信じているほど細かい作業ではない、という事だ。この方法は学ぶ価値があるし、マイケルをおいて他にうまく教える者がいない技だ。


終わりに
 マイケルはノースイースタン・タクティカル・スクールのディレクターであり、チーフ・インストラクターだ。その教程は国の北東部では随一だがマイケルは旅を続ける。私は彼の教程をマサチューセッツ州スプリングフィールドのS&Wアカデミーで受講した。これは素晴らしい便宜であり、スナブ・トレーニングによって旅するに値するS&Wのホームへの巡礼となった。より安価な飛行機であなたは飛び立つことができるのだ。簡易宿泊所は安価なものだ。とはいえ、クラスは多くの地域で実施されているし、同様にマイケルはあなたの街のレンジにもあらわれる。授業料は一日300ドルと安くはない。しかし、このタイプのスナブノーズ・トレーニングを受けられるところを私は他に知らない。
 もしあなたがスナブノーズ・リボルバーを持ち歩くのであれば、それがメインのガンであろうがバックアップであろうが、スナブノーズ特化トレーニングを受けるべきだ。私はより良いスナブノーズ・シューターとしてクラスを終える事ができたし、学んだスキルを発達させ続け、磨き続けるつもりだ。もしあなたがリボルバー・シューターならばノースイースタン・タクティカル・スクールのマイケル・ベサンコートのトレーニングを受ける事を真剣に検討すべきだ。

コンタクト:www.SnubTraining.com


スプリングフィールドのS&Wアカデミー!行ってみてえ!!













ヤフオクに出品しています。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004



  


Posted by WERTY  at 08:24Comments(0)スナブノーズリボルバー

2013年10月13日

スナブノーズ・スクール前編




前回のセミナー紹介に引き続き、今回はセミナー体験レポート(前篇)をお送りします。
スナブノーズ使いは要チェック!


コンシールド・キャリー・マガジン
2009年7月号より


スナブノーズ・スクール
回転式拳銃によるトレーニング
By:Duane A. Daiker


私の宣誓:アイ・アム・ア・リボルバー・ガイ
 ハイテク・ポリマーの多弾数セミオートが流行るこの時代でも、今だに私は回転式拳銃を持ち歩く方が好きだ。私はこれまで多くの自動式拳銃を所持し、撃ち、テストしてきたが、しかし今だにリボルバーを愛している。私は自身が3日間のタクティカル・シューティング・スクールで2インチリバルバーを見せつける、うるさい男だという事を認めよう。あなたがたの中にも同様の人がいるかな?それともグロック17をシューティングレンジのクラスに持ち込みながらも、現実の日常生活ではスナブノーズ・リボルバーを持ち歩いていたりしていないだろうか?多くの人々が5連発の38スペシャルに日常のプロテクションを頼っている。たとえ彼らの一部がそれを認めたがらなくても、だ。スナブノーズ・リボルバーは“タクティ・クール”ではないとしても、とてもシリアスなディフェンシブ・ツールなのだ。
 しかしながら、スナブノーズ・リボルバーはその射撃に関して最も容易な銃とは言い難い。幾つかの重要事項がスナブノーズ使いを特別な存在とし、射撃に際し挑戦を強いる。
例えば、スナブノーズは全てにおいて小さな寸法を持ち、このため軽量でコンシールしやすい。これはまた銃をホールドし取り扱うのを難しくしている。軽量さは反動を大きく感じさせる原因となる。短い銃身は銃を隠し、抜き、ターゲットに狙いをつけるのには便利だ。しかしながら短いサイト間隔はサイトの狙いの狂いを生じさせる原因ともなる。サイト自体は見通しがよくほとんど故障知らずである。しかしながらそれらは見づらく、素早い照準を得るのを難しくしている。最後にスナブノーズは長くて重いトリガーを持っている。マニュアル・セーフティなど必要としない、しかしながらスムーズなプルと驚くべきブレイクを持っている。それはとても得難いものだ。
 私の信条は以下のようなものだ。あなたがスナブノーズを持ち歩くつもりなら、その銃でいくらかのトレーニングをしたほうがよい。一つの方法は地域のシューティング・スクールに行きその小さな銃と一緒にちょくちょく顔を出すことだ。多くのインストラクターがあなたに働きかけてくれるだろう。もし挑戦したければオートローダーが便利だと感じられるまでになりたい、というプレッシャーを持ちつづけることだ。しかし、あなたが小さなリボルバーで身を守ることに本当に真剣ならば、スナブノーズに特化したトレーニングを受ける事をお勧めする。

ザ・インストラクター
 特にノースイースト・タクティカル・スクールのマイケル・ベサンコートを探す事をおすすめする。友人たちには“ボボ”の名前で知られているマイケルはスナブノーズ・リボルバーの専門家として国中に知られている。事実、彼はそのトレーニングを単独でのスナブノーズ・リボルバーとナイフに限定している。多くのインストラクターが時に応じて様々なリバルバーを取り扱おうとするのに対し、マイケルの火器クラスは短銃身のリボルバーに限定的に設定されている。
 マイケル・ベサンコートは忘れる事ができない男だ。彼のクラスは活気にあふれ、ノンストップだ。彼が告げるインストラクションと哲学が完全にシリアスなものであるのに対し、マテリアルへのアプローチはそうではない。私はあなたの注意を彼らなりのやりかたで引き続ける事ができる何人かのインストラクターに会ったことがある。彼の指導スタイルは完全に効果的であり、大変記憶に残るものだ。
 とはいえ、マイケル自身は大変謙虚な人だ。彼はその教えるテクニックを通して他の人に素早く信頼をあたえる。クラスはワークショップの形をとり、彼は生徒たちから常に学んでいるように見える。実際には彼らが彼から学んでいるのだが。彼が教えるテクニックは何か液体のようであり、彼の継続的な経験の結果と生徒へのインプットとして時として変化する。










ヤフオクに出品しています。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004




  


Posted by WERTY  at 12:44Comments(0)スナブノーズリボルバー

2013年10月12日

スナブノーズリボルバー1




 オートマチック拳銃の話題が続きましたが、今回からたて続けにスナブ・ノーズ・リボルバーの話題をお伝えする予定です。ドロ警をやっていた頃、撃った数をカウントしていた感覚がよみがえります。
 今アメリカで熱い注目を集めるスナブ・ノーズ使い、マイケル・デ・ベサンコート率いるノース・イ-スト・タクティカル・スクールが開催するセミナー・プログラム。


スナブ・トレーニング.COM

隠されたパワー、静かな信頼感
 最良の戦略とテクニック、アフターマーケット・ツールについての調査とテスト、プロモーションといった自己防衛に真剣なスナブ・リボルバー・オーナーに捧げる。

スナブ・トレーニング.COMについて
 我々のすべての教程は、自己防衛に重点を置いた、一般的携行用火器のテクニックを発達させる事を目的にデザインされている。すべてのプログラムは受講者のテクニックとアフターマーケット・アクセサリーをバラエティに富んだものにし、型破りな銃器の取り扱いを可能にする。
 受講者はこれらの素材をストレスフルな中で評価する機会を与えられる。死と向かい合わせの状況でどのツールの組み合わせが彼らの助けになるか、を決定するためである。
 それぞれの教程は丸一日かかる。ワーキング・ランチをはさんで午前9時から午後5時までである。

スナブ・トレーニング.COM教程について
シークレット・オブ・コンシールド・キャリー・スナブ教程
 高度にスナブ特化された自己防衛のための教程。すでに基礎的なハンドガンの安全ルールを身につけている人たちが対象。
 このプログラムには、スナブ・スタイルの習得、弾薬選択、ホルスター選び、ドロウ・ストローク、マルチプル・アルタナティブ・サイト・ピクチャーのテクニック、そしてアンロード・リロードについての4つの型破りなテクニックが含まれている。
 サクセスフルな自己防衛の心がけを発達させ、スナブ・イクイップメントを楽観視させる大きな配慮があります。

アドバンスト・シークレット・オブ・コンシールド・キャリー・スナブ教程
 我々のスナブ特化自己防衛教程の第二段階。スナブ・レーザー・フラッシュライトのテクニック、片手または負傷した手でのスナブ取扱い、スナブ二丁使いスキル、などのスペシャルな内容だ。このプログラム参加者はシークレット・オブ・コンシールド・キャリー・スナブ教程を成功裏に終了したものである事が要求される。


「ミスター・デ・ベサンコートはあなたと分け合うべき豊富なスナブ・ノーズ・リボルバーの経験を持っている。彼は生き生きとした有益なプログラムを提案し、それはあなたを、軽視されがちな小さな銃についての挑戦的な気持ちにさせる。」ラルフ・ムロズ(ポリス・オフィサー・セーフティ・アソシエーション:トレーニング・ドクター、銃器ライター)

あなたの地域で教程をスケジューリングしてください。
 あなたの町のシューティング・レンジやあなたの法執行機関でスナブ・トレーニング.COMを行うよう、あなたの専門的意見を発揮してください。
 もしあなたが北東部ならばどの教程でも単独または組み合わせて指導できます。その他の地域では最低2つの教程を組み合わせる事を希望します。
 教程スケジューリングについてさらにお知りになりたい方はマイケル・デ・ベサンコートまでEメールまたはお電話ください。



いかがですか、このプログラム。受講したくなったでしょ?というわけで次回からはべサンコート・セミナー体験レポート!ネタばれ注意!!












ヤフオクに出品しています。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004



  


Posted by WERTY  at 06:28Comments(0)スナブノーズリボルバー