2014年06月21日

ウィルソンコンバットがベレッタ92のカスタムを開始!



ウィルソン・コンバットがベレッタ92/96のカスタムを開始!!

ウィルソン・コンバットから謹んでお知らせします。ベレッタ92/96シリーズ・ハンドガンについて新規デザインのリプレイスメントパーツ群と相互的カスタム・ガンスミシング・オプションを含むフルプロダクト・ラインナップについてのご紹介です。
ベレッタ92/96シリーズはクラシックなコンバット・ハンドガンであり、1985年以降アメリカ軍の制式採用サイドアームでもあります。92/96の伝説的なまでの信頼性と、ユーザーフレンドリーなデザインは私たちのディフェンシブな、あるいはタクティカルなシューターの皆様の必要性に応えるべく、高品質なパーツとサービスとして組み込まれました。

アーネスト・ランドン
  ランドン・タクティカル・テクノロジー
  海兵隊コンバットベテラン
  ナショナル・チャンピオン・シューター
アーネスト・ランドンこそハイパフォーマンス・ベレッタ92ハンドガンのオリジナル・イノベーターであり、私たちはこのプロジェクトのテクニカル・アドバイザーとして喜んで彼を迎えました。彼の、デザインに関する実践的かつ機能的ニュアンスと知識は業界内でも卓越したものであります。アーネストとベレッタ・プラットフォームのシューターとしての権威はすでによく知られている通りであり、彼は1988年IDPAナショナルチャンピオン、さらに数多くの州および地域のタイトルを彼のシグニチャー92モデルで勝ち取ってきました。アーネスト・ランドンの提供するサービスとトレーニングについてはwww.langdontac.comまで。
「私はベレッタ92シリーズ・ピストルを30年ほど撃ってきました。12年は海兵隊で。その後ベレッタUSAで。またランドン・タクティカル・テクノロジーを運営しながら。そしてベレッタ92で6つのナショナル・チャンピオンシップ・タイトルを獲得しました。正直申し上げて、貴方のベレッタ・ハンドガンのカスタムパーツを造り、カスタムワークを施すのはウィルソン・コンバットをおいて他にないと思います。」

「私が最初にベレッタ92/96シリーズ・ピストルに出会ったのは80年代のミシガン、ボウリングピン・マッチにさかのぼります。私はジャック・ロビンズと知り合いでした。彼は軍の新しい制式採用ピストルの選択テストを行っていました。彼は私に、テスト中の92についてそのソフトな撃ち味や素晴らしい信頼性、平均を上回る正確さについて語りました。80年代、あまり金は無かったのですが、92モデルを手に入れるのにそれほど時間はかかりませんでした。そしてジャックの言っていた事は正しかった。それ以来私は常にベレッタ92ピストルを所有し撃ってきました。IDPAの地域イベントでまた少なくとも1つのナショナル・イベントで私は92を撃った。モデル92は1911同様に唯一のサービス・ピストルである。さらに、カスタム1911やオールド・コルトのコレクターとして、私は全てのタイプのベレッタハンドガンを集めている。そういうわけで私のレベルは高い。ウィルソン・コンバットのガンスミス達が私のために幾つかの92をカスタマイズしてくれた。そういうわけでこれらのサービスを私達のお客様に提案するのは極めて自然な事でした。その上、クールな仕事を進めていく上で私が個人的に求めている経済的理由も産み出すこととなりました。」 ビルウィルソン :ウィルソンコンバット社長

←ポチッとお願いします







コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004


  


Posted by WERTY  at 06:02Comments(1)カスタム・ガン

2014年06月05日

父のためのコマンダー



父のためのコマンダー

 さて、キャスピアン・アームズの組み立てだ。ここにその詳細を記す。
 それは去年の早い時期に2つのフォスター・フレームを買った所から始まる。その1つは僕がジョージア州のIDPAで優勝した1911となった。僕はエセックス・フレームの代わりにそれを使った。それは僕が高校生をやめた1996年の事で、当時ステンレスのフレームを見つけるのは難しかった。
 僕はさらにインテグラル・プランジャー・チューブのついたコマンダー・リコン・フレームも見つけた。キャスピアンがなぜすべてのフレームをインテグラル・プランジャー付きにしないのか判らない。でも、それはどうでもいい。
 父がこれを見て、それをさらに進化させたい、と言った。それで僕はそれを父にあげた。ウチの家族はそんな風なんだ。とにかく、父の体調はここ2年あまりよくなかった。今年、父は転んで肩を痛めてしまった。その時顔も怪我してしまった。今では大分よくなっているけれども。しかし、これらは医者の抗うつ剤治療のやり過ぎの結果なんだ。彼らはかえって危ないし父を殺しかねない。
 父の記憶はとりあえずよくなっている。バランスも戻ってきた。強さも戻ってきたみたいだ。
 とにかく、父はベトナム帰還兵で、引退したけどガンスミスなんだ。僕らは僕が14歳の時から1911を組み立てている。それから19年が経った。父からフレームを譲ってもらい、パラLTCを組み上げた。スライドのロゴを削り落とした。というのはキャスピアン・フォスター・フレームに合わないと思ったからだ。フレームにチェッカーを入れ、エジェクターを組み込み、ボブテールをカットしている。そしてビーバーテールは.250ラディウスだ。
 僕はフラット・トップとセレーションのためにスライドをガンスミスの所に持ち込んだ。僕はセラコート・ブラック・フィニッシュのナイト・サイトを組み込んだ。2トーン・ガンが目標だ。
 計画はボブテールドの、バジェットにナイト・サイトの着いたキャスピアン・リコン・コマンダーだ。もし父が今年、いつの日か父に銃を組み立ててくれと言わなかったら、僕はそれを父に買ったかもしれなかった。でもこのほうが父は喜んでくれるだろう。
 組み立てが進む様子を写真に撮っている。時間はどんどん過ぎてゆく。RobertLong













コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004




  


Posted by WERTY  at 05:36Comments(0)トリビア