2014年11月25日

ウィルソン・コンバット



ウィルソン・コンバット

ウィルソン・コンバットはカスタム・ピストル製造会社である。アーカンサス州べリービルに本拠地を置き、M1911A1のカスタムとその製造のスペシャリストである。ビル・ウィルソンは「ウィルソン・ガン・ショップ」の名前で1977年にスタートした。ベリービルの角にあった彼の家族が経営していた宝飾品店「ウィルソン・ジュエリー」において彼は新しいガンスミス・ビジネスをスタートさせた。会社は2000年に「スキャッターガン・テクノロジー」を買収し、ウィルソン・コンバット・スキャッターガン・テクノロジーの名の下にコンバット・ショットガンを販売している。

歴史
ウィルソンが顧客のために最初にモデファイした幾つかの銃器は、コルト1911A1、S&WM10リボルバー、そしてルガー・シングル・アクション・リボルバーである。PPC38スペシャルや44マグナム・ハンターなどのモデルは彼が確かな品質の銃器を生み出しているとの事でウィルソンの名声を高めた。ウィルソンは元々、アーマンド・スウェンセンといったガンスミスの作ったアフターマーケット・パーツを使ってピストルをカスタマイズしていたが、1983年までにオリジナルのパーツを作るようになった。1996年にはウィルソン独自の1911ピストルを組み立てる事ができるようになった。ウィルソンのハンドガンは25ヤードで1イン(25mm)のグループという品質保証付きである。

製品
カスタム1911-A1ハンドガン。口径は460ローランド、45ACP、10mmノーマ、40S&W、38スーパー、9mmルガー、22LRなどである。
スキャッターガン・テクノロジー 870ショットガンの12ゲージと20ゲージ、11-87ショットガンを12ゲージ限定で
AR15スタイル・ライフル 223/5.56mmと6.8mm
ボルトアクション・ライフル 308/7.62mm限定
カスタム・ナイフ カスタムナイフ・メーカーのデザインに基づいた、フィクスト・ブレードおよびフォルダー・ナイフ
上記モデルのためのアクセサリー類。有名な47M1911マガジンを含む。
ライフルおよびハンドガン弾薬

軍用
ウィルソンのハンドガンは特殊部隊に使用されている。デルタフォースやネイビー・シールズなど。










コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004




  


Posted by WERTY  at 07:15Comments(0)カスタム・ガン

2014年11月12日

STI International



STI international

STI international Inc.はテキサスに本拠地を置く、コンプリートM1911ピストルとそのパーツを製造している会社である。それら銃器は競技や法執行、セルフ・ディフェンスに用いられている。"2011"というモジュラー・フレームの銃で有名である。(なぜそう呼ばれているかというのは、ファイバー・レインフォースト・プラスチックでできたロワー・グリップとトリガー・ガードが、ダスト・カバーとフレーム・レールから成るフレーム上部の金属製部分と別コンポーネントだからである。)STIとストレイヤー・ヴォイト社はモジュラー・フレームのパテントを共用している。

歴史
 1990年に、ガンスミスであり機械工であったヴァージル・トリップは競技用とりわけUSPSA/IPSCのためのカスタム1911を作りはじめた。しばらくしてから、ヴァージルはエレクトリカル・ディスチャージング・マシンニング(EDM)によるハンマーとシアーを含む1911のパーツのデザインをはじめた。ヴァージルの会社はトリップ・リサーチ社と呼ばれており、彼のパーツの多くは、チャンピオン・ピストル・シューターであるチップ・マコーミックの会社であるチップ・マコーミック・コーポレーション(CMCとして知られる)でカタログにのせられ販売されていた。
 1993年になって、サンディ・ストレイヤーというエンジニアでありコンピューター・エイデッド・デザイン(CAD)の天才がトリップ・リサーチ社に加わった。トリップとストレイヤーは、IPSCシューターのためのハイ・キャパシティ1911のフレームをデザインする事で1911マーケットに革命を起こした。パラ・オーディナンスはすでにハイ・キャパシティ1911フレームをマーケットに送り出していたけれど、それは金属製だった。ファイバー・レインフォースト・プラスチックを用いたモジュラー・フレームは、トリガー・ガードとグリップ、インターナル・マガジンウェルから成る。そこには専用のグリップがフレーム上部(ダスト・カバーとフレーム・レールから成る)に取り付けられていた。その結果、モジュラー・フレームの重量は、スチール製フレームの半分以下となった。その上、パラのフレームはレギュラー1911に比べ、手にすると特に大きいと感じられたが、STIはレギュラー1911と変わらなかった。というのは、グリップを外側にネジ留めするのではなく、フレームのプラスチックに型どりで形成してあったからだ。トリップとストレイヤーはモジュラー・フレームのパテント保有者となった。モジュラー・フレームが発表されて間もなく、会社はSTI(ストレイヤー・トリップ・インク)と名前を変えた。そしてストレイヤーは新しい会社における公平な分配を与えた。
 1994年の6月、サンディ・ストレイヤーは新しい会社を起こすためSTIを離れた。新会社はストレイヤー・ヴォイト社と呼ばれ、STIの"セミ・カスタム"モデルに対するコンプリート・カスタム・ピストルを作る事に主眼を置いている。
 1994年の11月、デイブ・スキナーとシャーリー・スキナーという、テスコ社という電機会社のオーナーが、ヴァージル・トリップに従ってSTIの計画に参加した。1997年のはじめ、2人のスキナーはヴァージル・トリップからのSTI買収に成功し、名前をSTIインターナショナル社と改めた。ヴァージルはトリップ・リサーチ社の名前を使って新しい会社をスタートさせようとしていた。トリップ社は多くの銃器や1911モデルのマガジンの様々なフィニッシュ・モデルを生産していた。クリントン政権の時代にハイ・キャパシティ・ブームが巻き起こり、STIは輸出とコンシールド・キャリー市場を発達させる事に焦点を当てて生き残った。2007年のアメリカ第三位のピストル輸出者はSTIである。
 1994年から1990年代後半にかけて、STIは顧客の独自仕様に応えて銃を組み立てるカスタム・ショップを持っていた。
 2005年の1月、デイブ・スキナーはあるSTI職員に会社を売却した。これは銃器産業における初めてのESOP(ストック・オーナーシップ)となった。
2010年にデイブ・スキナーは引退を決意し、適当な後任の調査をはじめた。数ヶ月後、ティム・ディルトン(元、海外への軍事請負人であり、ブラウンネルの警察署長)が選ばれ、社長兼CEOの業務を受諾した。
 2014年2月12日、従業員運営会社であるSTIインターナショナルはティム・ディルトンが社長兼CEOの職を退職したと発表した。2014年1月26日を実効日として、世界中から彼の後任を探すために委員会が組織された。選定期間、地方ビジネスマンであり競技シューター、STI監督議会の副議長であるロバート・プレンが暫定的な形で、空いた椅子を引き受ける。STI経営首脳陣の特別委員会は最上の銃器とパーツを生産し、国内外のマーケットに最上の顧客サービスを提供するべくプレン氏を補佐する。問い合わせはテキサス州ジョージタウンのSTIオフィスのプレン氏になされるべきである。

今日のSTI
今日、STIはそのモジュラー・フレームに基づいた2011ピストルのフル・ラインナップに加えて、スチール製およびアルミニウム・フレームのシングル・スタック1911を生産している。その口径は9mmパラベラム、45ACP、40S&Wそして38スーパーである。STIではさらに、モジュラー・フレーム・キット(これはガンスミスがコンプリート・ガンを組み立てるのに用いられる)や、スライド、バレル、コンペンセイター、トリガー、ハンマー、サムおよびグリップ・セフティ、スライド・ストップ、ファイアリング・ピン、ガイド・ロッド、マガジンウェル、マガジン、スコープ・マウントといった1911ピストルのパーツも生産している。STIのモジュラー・フレームは2011(1911に因んで名付けられた)のブランド・ネームで販売されている。










コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004



  


Posted by WERTY  at 11:37Comments(0)カスタム・ガン

2014年11月04日

パラオーディナンス



パラ・オーディナンス

 パラ・オーディナンスはカナダに本拠地を置く、アメリカ資本の銃器製造会社である。カナダにおいて1985年に幼なじみの2人、テッド・ザボとタノス・ポリゾスによって設立された。ザボはハンガリーに生まれ、その一家は1956年のハンガリー革命時にロシアが侵攻した際、移住した。ポリゾスはギリシャに生まれ、後にカナダに移住した。
 パラ・オーディナンスはカナダのオンタリオ州スカボロフに工場を持っている。その年間収益は10万ドルを超えると見なされ、雇用しているスタッフは60名にのぼる。
 2007年の3月28日、テッド・ザボは60歳で亡くなった。現在、会社はアメリカを代表する銃器エグゼクティブとなったポリゾスによって運営され、アメリカ企業フリーダム・グループの傘下にある。

パラUSA
 2009年1月、パラ・オーディナンスの米国子会社(パラUSA)の米国本拠地がノースカロライナ州ピネビルに置かれる、との発表があった。
 2012年1月の時点で、パラUSAはフリーダム・グループの傘下にあり、セルベラス・キャピタル・マネジメントによって所有されている。

概要
 パラ・オーディナンスはハイ・マガジン・キャパシティのM1911スタイル・ピストルの先駆けである。
 パラ・オーディナンスは法執行官、軍用、一般向けマーケットに対して幅広い製品ラインナップを提供している。この会社は真のダブル・スタック1911ピストルを開発し、45ACP、40S&W、9mmそして38スーパー・キャリバーにおいてシングル及びダブル・スタックの製品を提供している。パラ・ピストルは競技、法執行、コンシールド・キャリーそしてジェネラル・バリア・シューティングといった銃器使用の多様性を確立した。2009年、パラ・オーディナンスはディレイド・ガス・ブローバック・システムを搭載したTTR"タクティカル・ターゲット・ライフル"を発表した。このシステムはDIGSと命名され、従来のガス・システムと比べると反動を小さく抑えるものである。
 パラ・オーディナンスは初めてダブル・アクション・オンリーの1911スタイル・ピストルを製造した会社でもある。LDA(ライト・ダブル・アクション)の先行モデルはシングル・アクション・ピストルに重きが置かれる中、法執行エージェンシーが1911スタイル・ピストルを使用するきっかけとなった。
画像はP14・45
(ウィキペディアより)










コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004




  


Posted by WERTY  at 05:56Comments(0)カスタム・ガン