2018年02月13日

ユニオン・スイッチ&シグナル1911



ユニオン・スイッチ&シグナル1911A1

ユニオン・スイッチ&シグナル社はペンシルベニア州スウィスベルに所在し、基本的には鉄道信号関係の製作を行っている。しかし、1942年5月5日に20万丁のM1911A1ピストルの生産について契約を結んだ。結局、合計で5万5千丁のユニオン・スイッチ&シグナル製のピストルが製造された。これらのピストルの製造番号は1041405から1096404までとなっている。ユニオン・スイッチ&シグナル製ピストルは生産されたM1911A1の中で2番目に希少なものとされている。シンガー社の生産した(500丁)M1911A1 だけが、より希少なものである。
ユニオン・スイッチ&シグナルのM1911A1 には1942年後半に兵器廠がクロス・キャノンのマーキングを標準化した後も、このスタンプが入れられていない。

およそシリアル1060100番までの、初期型の多くにはそのスライドにもフレームにも承認の"P"刻印がない。およそ1060100番から1082000番までのものにはフレームの左側、マガジン・キャッチの近く、さらにはスライドの左角、リアサイト近くのフラット面に出会う部分に"P"刻印がある。スライドの"P"刻印の位置は、兵器廠がスタンプの配置に苦労した結果である。

この画像のユニオン・スイッチ&シグナル社製のM1911A1 はオリジナルのファクトリー・コンディションに完全レストアされ、完璧なファクトリー・フレーム&スライドのマーキングを持って組み立てられている。このピストルは1943年に工場から出荷されたのと同じ状態である。これは多くの1911コレクションの中でも、特に非常に珍しいものであり、ファンタスティックなものである。

製造 : ユニオン・スイッチ&シグナル社
モデル : 1911A1
シリアルナンバー : 1,066,407 (Mfg.1943)
アクション : セミ・オート
口径 : 45ACP
銃身長 : 5インチ
保管 : グリップ・スクリューの頭には防雨のリングが入った状態で保管されている。





ちゃんとしたターゲット使ってる?
テキトーな紙に丸描いてみたり、段ボールとか。それもいいけど、やっぱ印刷したターゲットは気分がいい。何よりキチンと結果が評価できるから励みになる。
WSC Yahoo!ショッピング店では大判A2マン・ターゲット10枚を800円で提供させていただきます。420×594mmのフルサイズだから迫力満点、スリリングなコンバットシューティング体験が楽しめます!
A4ブルズアイFreeDownloadも続行中!
WSC Yahoo!ショッピング店でFreeDownload‼︎←クリック









コンバット・シューティング練習用大判マンターゲットあります。よろしければご覧ください



+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.103.004.004








同じカテゴリー(カスタム・ガン)の記事画像
Guncrafterの歴史
Guncrafter 1911
Gen5レヴュー
初めての1911
現代のM1911利用
M1911 Wikipedia(続き)
同じカテゴリー(カスタム・ガン)の記事
 Guncrafterの歴史 (2018-09-25 21:21)
 Guncrafter 1911 (2018-09-21 14:04)
 Gen5レヴュー (2018-06-08 14:15)
 初めての1911 (2018-03-22 00:06)
 現代のM1911利用 (2018-03-14 09:39)
 M1911 Wikipedia(続き) (2018-01-22 04:20)

Posted by WERTY  at 08:51 │Comments(2)カスタム・ガン

この記事へのコメント
今となってはどのくらい残っているやら。
Posted by ミサイラー at 2018年02月24日 16:12
私はこの手のヴィンテージ・コレクションにハマる事が無くて良かったと思っています。
Posted by WERTYWERTY at 2018年03月01日 12:43
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。